So-net無料ブログ作成
検索選択

ライブ最高~!(感想編) [YOSHII LOVINSON]

 愛知に越してきてからは初めてのライブ。
しかもZEPP NAGOYAは出来立てのほやほやなので、
どこにあるかさえも見当がつかなかった。
ネットでいろいろと検索して調べたつもりだったけれど、
名古屋駅に着いた時点で全く方角が分からない。
現場(?!)に行けば分かるでしょと適当にしか見ていなかっのたで、
めぼしをつけて歩き出したもののどうもそっちじゃないみたい・・・
しかたなく人の流れから探し出そうと、
こぎれいな格好をしたお姉ちゃんや若い兄ちゃんたちがたくさん向かう先へ行ってみることにした。
そして・・・ZEPP発見!!
 もう開場されてチケット順の入場が始まっていたので、
あわてて並んでいる人にブロック名を聞いてみると、
ちょうど自分のチケットのブロックの入場が始まったところで、
しかも自分の整理番号の順番が来ているときだった。
チケットを渡しドリンクの料金を支払って中に入り、
グッズの販売をチラッとのぞく。
ツアーパンフだけでも欲しかったのだが、
いろいろと思い悩みあきらめる。(主婦なんで・・・)
トイレで高まりすぎた心を少し落ち着かせ、
いざ、客席へ。
 客席は1階と2階があり、
1階はA・B・C・D・Eブロックに分かれていて全てがスタンディング席で、
2階は収客数がぐっと減るが全てイス席になっていた。
私は1階のDブロック。
あまりいい場所とはいえないが、
大規模な会場(ドーム等)でのことを思えばかなりの近さだったと思う。
感じとしてはイスのない映画館的なものかしらね。
 会場に入ってからの待つ時間の長さったらもう考えられないような長さに感じられて、
開演の7時になるまでがちっとも時間が立たなくて、
7時になってからも吉井さんが出るまでの長さがやたらと長いものに感じられた。
 マネージャーさんからの説明があったあと、
しばらくして吉井さんやバンドのメンバー達がやってきた。
うぉーと、会場がうねるような歓声。
大きな歓声の中で今日の1曲目が始まった。

 ・・・本来なら1曲目がこれで、2曲目は盛り上がったこれでなんて書ければいいんだけれど、
実は全く頭の中に入っていない。
どの曲を演奏したかということはだいたいわかっているようなんだけど、
曲順までは覚えていない。
自分の記憶を巻き戻して再生できればいいのに・・・
三十路を越した子持ちのおばさんだというのに、
年甲斐もなく飛んで跳ねて、踊り狂いながら歌っていたのがいけなかったのかしら?
 とにかく、バンドの演奏が始まったとたん、
体中を音が駆け抜けていった。
あまり大きくない会場ということで、
ドラムの生の音や吉井さんのマイクを通さない生の声が聞こえてきたりして、
演奏が会場をぎゅっと抱きしめているような感覚に襲われた。
そして演奏が進むうちに、頭が真っ白になるほどの興奮を覚えた。
ほとんど初めてに近い体験だった。
そんな気持ちの昂りと、
イエモンの活動休止から今までの色んな気持ちが頭を駆け巡って、
予想したとおり泣いてしまった。
(泣いて吉井さんを見られなくなるともったいないので、片目ずつハンカチで押さえていた(笑))
 もうほんとに吉井さんがかっこいくてかっこいくて、
胸がぎゅーと締め付けられるほど素晴らしいパフォーマンスだった。
でもイエモンの頃からそうだったと思うけれど、
吉井さんはかっこいいだけでなくお茶目な部分も持っていて、
今日のライブでもちょこちょこと出ていた。
「RAINBOW」では間奏でスキーヤーのまねをしてみたり、
メンバー紹介ではエマをまるでいないかのように扱い、
MCでは「YOSHII LOVINSON初の2DAYSで頑張ってます。
名古屋の人は幸せですよ。YOSHII LOVINSONで頑張れるって言うかね・・・」(うろ覚え)
なんて言って自分で照れ笑いしてみたり、
とってもかわいらしく感じたりすることもあった。

 実際それほど長くなかった(アンコール入れて1時間半)っていうのもあるんだけれど、
(10年以上前に行ったGUN'S 'N' ROSESのライブは3時間半ほどあった。)
あっという間に時間が過ぎ去ってしまった感じだった。
アンコールが始まってからはまだ終わって欲しくないと強く思っていたけれど、
「みんなで飛びましょう!」と言って始まった「トブヨウニ」が終わりに差し掛かったら、
「ああ、これで終わりなんだな。」となんだか妙に納得してしまった。
 アンコールがすんでメンバーが袖に入ると、
あっさりと客席の電気がつき、スピーカーから音楽が流れてきた。
みんなのざわざわとした声と帰りだす気配の中で、
しっかりと体中に余韻を感じていた。
その余韻は帰り着いてシャワーを浴び、夫の明日のお弁当をこしらえ、
どっぷりと日常につかった今でもちゃんと残っている。
まるで心地よくお酒に酔ってしまったような、
なんとなくとろんとけだるい感じ。
目を閉じると吉井さんの音楽が体に流れ出すような、
とっても幸せでちょっぴり切ない気持ち。

 大阪でのチケットが手に入らなかったので、
今度はいつライブを見にいけるか分からないけれど、
また必ず行きたいと思う。
 吉井さん、また近いうちにツアー組んでくださいね!
(ってまだ今回のツアーも終わってないのに・・・)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 2

KOTARO

先日コメントとnice!を頂いたのに、長らく自分のblogは
ほっぽらかしでお礼が遅れて申し訳ありませんでした。
実は今日私もベイNKにヨシロビを観にいきます。

ここ1ヶ月はとてもヘヴィで自分にも余裕が持てませんでした。
kazulovinson さんの記事にもある様に自分にも
余力がないと音楽を楽しむ事ができないと実感したんですよ。
今夜のLIVEがとても楽しみなんです。
だから自分自身も持ち直してきたんだと感じています。

これを期に自身のblogも復活できればと思っています。
ありがとうございました。

では!いってきます!
by KOTARO (2005-07-02 11:20) 

kazulovinson

KOTAROさん、コメントありがとうございます。
nice!までいただけて嬉しいです。

ベイNKどうでしたか?
公式HPでのぞいてきたのですが、
名古屋に比べるとライティングがものすごくかっこいいですね。
それにステージの前にカメラマンの方に、
「愛」という文字を腕に落書きされたそうですね。おもしろい
ステージ上ではそれを見せることはなかったそうですが、
こういう裏話が出てくるとなんか嬉しいですね。

ここ1ヶ月ヘヴィだったということですが、
そういうときってありますよね。
でも、持ち直してこられたということで良かったです。
KOTAROさんの新作blogお待ちしております。
by kazulovinson (2005-07-04 10:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。